2007年05月06日

失業手当の不正受給

失業手当を貰っている間、申請を取らないでアルバイトなどをしていると不正受給となります。他にも再就職しているのに失業手当を貰っていたり、偽造の書類など不正な行為をしていると失業手当の不正受給となってしまいます。こうなった場合、基本手当てが一切ストップされる上に受給額3倍返しを求められる場合があります。最悪、詐欺罪に問われてしまうケースもありますので注意です。面倒でもちゃんと正直に報告をした方が良いです。とにかく不正受給で失業手当をストップされ、さらには支給された給付を還付しないといけなくなったらシャレになりませんので気をつけてください。

*アルバイトなどは、正確に申告すれば、手当には影響しないので、問題ありません。
posted by nee2 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業手当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。