2007年05月06日

失業手当の給付期間

失業手当の受給期間は、離職した翌日かた1年間です。何ヶ月も経ってからハローワークに行くと、給付日数を消化できない危険があるからです。受給期間と給付期間を混同しそうですが、要は、離職票を手にしたら「すぐにでもハローワーク」に行けば問題ありません。

ちなみに失業手当受給を延長する事も可能です。最初に失業手当を至急された1年間に(1)妊娠、(2)出産、(3)育児、(4)疾病又は負傷、(5)(1)〜(4)の理由に準ずる理由で安定所長がやむを得ないと認めるもの親族の看護などの理由で今すぐ就職できない方や60歳以上65歳未満の定年等により退職し、しばらくの間休養したい方のために、申請により受給期間を延長する制度があります。失業手当の受給期間を最大限4年間まで延長する事が可能です。
posted by nee2 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業手当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40986936

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。