2007年05月14日

失業手当を貰えない???

失業手当が給付されない場合をご説明します。

まず、失業手当の給付条件は下記のようになっています。

1. 失業していること
2. 働く意欲と能力があり、すぐに就職できること
3. 離職前の一年間に6ヶ月以上雇用保険の加入者であったこと
4. ハローワーク(公共職業安定所)で求職の申し込みをしていること
5. 65歳未満であること


ですので言い換えれば、次のようなケースに該当する方は失業手当を受給することはできません。

1. 病気や怪我あるいは妊娠・出産・育児のためにすぐに就職できない
2. 定年などの事由により退職して、しばらく休養しようと考えている
3. 結婚や介護などの事由により家事に専念しようと考えている
4. スキルアップ目的などの事由により学業に専念しようと考えている
5. 独立開業する予定で準備している
6. すでに就職している
7. 雇用保険の加入期間が6ヶ月に満たない、あるいは会社役員に就任している
8. ハローワークで求職の申し込みをしていない、あるいは求職活動をしていない
9. 65歳以上である
10. 年金(老齢厚生年金・退職共済年金など)を受給している

ただし、1.については[受給期間]を延長することができます。

さらに4.に関しては教育給付金制度なるものが適用される可能性があります。詳細は→教育給付金制度について
タグ:失業手当
posted by nee2 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業手当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41759140

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。